【個別銘柄】東燃ゼネ続落、民生電3社安い、橋梁道路が上昇率上位

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

東燃ゼネラル石油(5012):前日比7.2%安の735円と続落、一時 731円と52週安値を付けた。親会社の米エクソンモービルが日本の事 業から事実上撤退、保有する東燃ゼネ石株50%の大半と他の日本の資 産を売却する計画とロイター通信が4日に報道。5日付の日本経済新 聞朝刊など各紙も、同様の方針を伝えた。メリルリンチ日本証券では、 ロイターや日経報道通りに資本と業務の関係見直しが実行された場合、 配当額が切り下げられるほか、リテール事業との一体化で収益性が低 下し、原油調達や製品輸出の経済条件の悪化が懸念されると指摘。高 配当利回りが株価を支え続けることへの期待が低下し、株価は弱含む と予想した。投資判断は「アンダーパフォーム」を確認。

大手民生電機株:シャープ(6753)が2.1%安の662円となった ほか、ソニー(6758)が2.2%安、パナソニック(6752)が1.4%安。 野村証券では、民生用電機大手3社の12年3月期業績について、いず れも上期決算時に下方修正した数値からさらに下振れる可能性が高く、 慎重な見方が必要との認識を示した。特にテレビの年末商戦は中国、 日本、欧州向けが各社の計画を下回っているとし、一部では過剰在庫 の問題も発生していると指摘した。

エルピーダメモリ(6665):7.4%安の350円。取引先の米国や台 湾、中国のIT機器や半導体メーカー約10社に5億ドル規模の資金支 援を要請した、と5日付の読売新聞朝刊が報道。円高や製品価格の下 落で業績が悪化しており、取引先からの支援で当面の手元資金を確保 する狙いとしている。財務体質に対する懸念から売り圧力が強まった。

カカクコム(2371):2.8%安の2769円。同社が運営する飲食店の 人気ランキングサイト「食べログ」で、好意的な口コミ投稿の掲載や 順位の上昇を請け負う見返りに飲食店から金を受け取る「やらせ業者」 にランキングを操作されている事例があることが4日分かった、と共 同通信などが伝えた。

富士重工業(7270):2.3%高の481円。ゴールドマン・サックス 証券では、日本時間5日早朝に発表された米国の昨年12月の自動車販 売で、同社は前年同月比26%増と単月としては過去最高の台数を記録 したと指摘。昨年12月2日に報じられたブレーキ関連のリコールの影 響は軽微で、むしろ潜在需要の高さを示唆する販売実績だったと評価 した。株価はリバウンドが期待できるだろう、と予想している。

橋梁・道路関連株:ショーボンドホールディングス (1414)が

5.9%高の1790円、ピーエス三菱 (1871)が27%高の288円となっ たほか、横河ブリッジホールディングス(5911)や東亜道路工業(1882)、 日本道路(1884)などが東証1部の上昇率上位を占めた。首都高速道 路会社が1兆円規模の大規模改修に乗り出す方針を固めた、と5日付 の朝日新聞朝刊が報道。首都高は高度成長期に造られた道路が多く、 橋脚の破断箇所やコンクリートのひび割れなどの発見件数が年々増え ており、首都圏での直下型地震への備えを急ぐという。関連工事需要 の発生を見込む買いが膨らんだ。

太陽誘電(6976):2%高の605円。同社の綿貫英治社長は2013 年3月期に売上高2000億円、営業利益100億円を上回りたいと述べた、 と5日付の日本経済新聞朝刊が報道。人員削減などで固定費を年間 100億円削減し、採算を改善する方針という。業績改善期待から買い が優勢となった。ゴールドマン・サックス証券では、同報道は内容面 に新しい話はないとしながらも、意気込みが示された点は株価のサポ ート要因との見方を示した。

野村ホールディングス(8604):1.6%安の245円。ドイツ証券で は、11年10-12月決算ではマーケット部門の回復やすかいらーくの 売却益計上から300億円規模の税前黒字を見込む一方、法人税減税に よる繰り延べ税金資産の取り崩しなどから税引き後損益は若干のマイ ナスを予想。投資判断は「ホールド」を継続しつつも、欧米金融機関 の株価純資産倍率(PBR)低下を踏まえ、目標株価を360円から290 円に引き下げた。

ごみ処理関連:タクマ(6013)が4.4%高の336円、日立造船(7004) が2%高の102円。いちよし経済研究所では4日付で、ごみ処理事業 に関するリポートを作成した。1991年度から2000年度に大量発注さ れた国内のごみ処理施設が老朽化しており、11年度からその更新や改 良の需要が拡大しつつあると分析。同事業に携わる企業には大きなビ ジネスチャンスが訪れているとし、関連企業としてタクマや日立造な どを取り上げた。

鉄鋼株:新日本製鉄(5401)が2.1%安の191円、JFEホール ディングス(5411)が2.2%安の1387円など軟調で、鉄鋼は東証1部 33業種の下落率上位に並んだ。11年度下期の鋼板価格で、トヨタ自動 車が新日鉄などに上期と比べ1トン当たり約5000円の値下げを要請 していることが分かった、と5日付の日経新聞朝刊が報道。販売価格 下落による採算悪化が懸念された。新日鉄については、第3四半期決 算で投資有価証券評価損846億円を特別損失として計上する、と5日 午後に発表する材料も重なった。

三井造船(7003):1.6%高の124円。わらを材料にした世界最大 級のバイオマス発電設備を英国の独立系発電事業者から受注した、と 5日付の日経新聞朝刊が報道。受注額は1億5000万ユーロ(約150 億円)といい、今後の業績貢献、受注増を見込む買いが先行した。

ポイント(2685):3.5%安の3150円。昨年12月の既存店売上高 は前年同月比0.4%減だった、と4日に発表。全国的な気温低下で冬 物販売が堅調で、減少率は前の月の3%から縮小したものの、前年水 準割れはこれで6カ月連続。

タツタ電線(5809):7.4%高の348円。SMBC日興証券では、 13年3月期には電線・ケーブル部門の赤字幅が同証の従来予想以上に 改善しそうだとし、同期の連結営業利益予想をこれまでの39億円から 41億円へ増額修正した。電子材料部門での新製品の貢献から、13年3 月期以降も順調に業績が伸びると予想している。

セルシード(7776):150円(17%)高の1009円と値幅制限いっ ぱいのストップ高。野村証券では4日、投資判断を新規に「買い」に 設定した。同社初の再生医療製品である角膜再生上皮シートが欧州で 上市見込みであることに加え、その他製品の開発進ちょくのニュース フローも期待できることなどを評価。目標株価は1430円とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE