マグロ、過去最高値の5649万円-築地の初競りで寿司チェーン店落札

東京・築地の中央卸売市場では5日 朝の初競りで、青森県大間産の269キログラムのクロマグロが1本 5649万円で競り落とされた。1キログラム換算では21万円となる。 落札した寿司チェーン店「すしざんまい」を経営する喜代村の広報担 当、梅原裕史氏は、仕分け後、今夕から各店舗に配送するという。

マグロを競りに出した東都水産や、中央卸売市場ウェブサイト情 報によると、記録のある近年の初競りの最高値は昨年の3249万円(北 海道戸井産、342キロ)。

破格の高値となったことについて、喜代村の梅原氏は「価格は全 然適正ではない」と指摘しながらも、「昨年は暗いニュースが多かった ので年明けは明るいニュースと元気を届けたかった」と語った。今後 も、「毎年というわけにはいかないが、うちがとって皆に食べてもらい たい」と述べた。ここ最近は初競りで高値のマグロが香港など海外に も流れることが多かったという。

喜代村では、今回のマグロ1本をにぎり寿司にした場合、1万貫 余りになるだろうとみている。初競りは新年の景気づけもあり、ご祝 儀として高値になる傾向がある。マグロの築地市場の初競りで、過去 10年間の最高値の平均は約1450万円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE