米グルーポン株のIPO価格割れ、ビジネスモデルをめぐる懸念映す

新規株式公開(IPO)価格を割り 込んだ共同購入クーポンサイト最大手、米グルーポンの株価は、参加企 業と投資家の双方が新たに生まれたビジネスモデルを再検討しているこ とを表している。

2日に公表された調査によれば、過去に共同購入クーポンサイトに 参加した企業の約半数は、今後半年以内に再びクーポンサイトでサービ スを提供する予定はないと答えた。これは、こうしたサービスから得た 新規顧客が固定客につながる割合が低いことを企業側が懸念しているこ とを示している。同調査はサスケハナ・ファイナンシャル・グループと 共同購入クーポンサイトの取引の集計を行うイピットが実施した。

フォーレスター・リサーチのアナリスト、スチャリタ・マルプル 氏は、共同購入クーポンサイト運営企業にとって「リスクは計り知れな い」と指摘、「企業獲得コストが次第に上昇するだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE