スズキ:インドネシアにエンジン工場用地-現地投資総額600億円

スズキは4日、インドネシア子会社 が新工場の建設用地を取得したと発表した。土地取得の投資額は約 100億円。現地調達率を引き上げるため、鋳造、鍛造、アルミダイキ ャストなど部品製造を含め、エンジン工場の建設を予定している。ス ズキ広報担当の田口英紀氏によると、インドネシアでは総額約600億 円の投資を計画している。

このエンジン新工場は2014年の稼働を目指している。総額約600 億円の投資のうち、エンジン新工場関連に約400億円、四輪車工場の 生産増強などに約200億円を振り分けるという。

発表資料によると、今回取得した用地はジャカルタ東方の工業団 地にあり、約130万平方メートル。この子会社は出資比率90%のスズ キ・インドモービル・モーター。市場が拡大するインドネシアには現 在、2カ所に工場があり、年間生産能力は四輪車8万台、二輪車100 万台。10度の生産実績はそれぞれ7.5万台、56万台だった。今回の土 地取得により、工場の集約や生産能力の増強も可能になるという。

この子会社では春ごろに、7人乗り3列シートの乗用車を生産・ 販売する計画のほか、現地の環境に配慮したグリーンカー政策に沿っ たエコカー生産も検討している。

スズキのインドネシアでのエンジン新工場建設については、日本 経済新聞が先に報じた。スズキの株価は4日午前の取引開始直後に一 時、前年末比で3.9%高の1654円となった。

--取材協力:林純子 Editors:Hideki Asai、Kazu Hirano

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 浅井秀樹 Hideki Asai +813-3201-8380 hasai@bloomberg.net 東京 向井安奈 Anna Mukai +81-3-3201-2083 amukai1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE