ドイツ取引所との経営統合、「今後数週間」で決着-NYSEのCEO

ニューヨーク証券取引所を運営す る米NYSEユーロネクストのダンカン・ニーダーアウアー最高経営 責任者(CEO)は3日、ドイツ取引所との経営統合の行方について、 競争を阻害するか否か欧州連合(EU)規制当局の判断が示される中 で「今後数週間」で決着するとの見通しを示した。

同CEOは従業員に宛てた動画メッセージの文書で、「われわれ は欧州委員会の異議告知書に対し明瞭ではっきりとした回答を既に示 している」と説明。「今後数週間以内にこの手続きの結果が出るだろ う」と語った。この文書は米当局に提出された。

ドイツ取引所は先月、NYSEとの経営統合が認められた場合、 デリバティブ(金融派生商品)取引手数料の引き上げを3年間凍結す る意向を両社が規制当局に伝えたことを明らかにした。事情に詳しい 2人の関係者によれば、両社はロンドン国際金融先物オプション取引 所(LIFFE)の個別株デリバティブ事業の売却案もEU当局に提 示した。

昨年2月に経営統合計画を発表した両社は、承認手続きの一環と してEUのいわゆる異議告知書に10月以降対応してきた。先月には 経営統合の完了期限を2011年末から12年3月31日に延期。同案件 の価値は発表時の95億ドル(約7300億円)から68億ドルに縮小し ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE