米ブラックストーン・グループ のバイロン・ウィーン氏は毎年恒例の「びっくり10大予想」を発表、 2012年に原油価格がバレル当たり85ドルまで下落し、S&P500 種株価指数は1400を上回るとの見通しを示した。同氏が示した昨年 の経済・株式予想は、楽観的過ぎる結果に終わった。

ブラックストーンのアドバイザリー・サービス部門の会長を 務めるウィーン氏は1986年以降、毎年10大予想を発表している。 今年の米経済成長率は3%を超え、失業率は8%を下回るとみている。 同氏の予想に基づくと、原油価格は昨年末終値から14%値下がりす ることになる。一方、S&P500種は11%の上昇を見込んでいる。

ウィーン氏は3日の発表文で、「原油価格の下落と株価の上昇 は、消費者信頼感や消費の改善につながる」と指摘。「リセッショ ン(景気後退)への恐怖だけでなく、長引く低成長を『ニューノー マル』とみる見方さえ疑問視される」と続けた。

ウィーン氏は2011年1月、経済成長見通しに加え、10年物 国債利回りが5%に迫ると予想、S&P500種が1500に接近する と予想していた。エコノミストの予想中間値では2011年の経済成長 率は1.8%となっており、10年債利回りは3.77%がピークだった。 S&P500種は1363.61が期間内での最高値だった。ウィーン氏 の予想が的中したのは、米失業率の低下と金・原油の値上がりだった。

今年の全10大予想は以下の通り。

◎原油は85ドルに下落 ◎S&P500種は1400超え ◎米実質GDP成長率は3%超、失業率は8%未満に低下 ◎大統領選はバラック・オバマ氏対ミット・ロムニー氏に 民主党は下院で勝利するが、上院では敗北 ◎欧州はソブリン債危機の解決に向けた広範な計画を作成。ギリシャ とイタリアが債務を再編。スペインとアイルランドが財政を強化。銀 行のメルトダウンは回避。欧州経済は縮小。 ◎主要金融機関へのハッカー攻撃 ◎スカンジナビアやオーストラリア、シンガポール、韓国など「自国 経済を賢明に管理している」と思われる国の通貨買いに ◎米議会が今後10年間で債務を1兆2000億ドル削減することで合 意。国防費やメディケア(高齢者医療保険制度)費用、農業への助成 金、さらに一部の税控除をカットへ ◎シリアのアサド大統領が更迭 ◎中国、インド、ブラジルの株価指数が15-20%上昇

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE