ソニー・コンピュータエンタテ インメント(SCE)が17日に発売した新携帯ゲーム機「プレイステ ーションヴィータ(PS Vita)」の2週目(19-25日)の販売 数は、発売初週(17、18日)の32万4859台から大きく落ち込み、 78%減の7万2479台となった。ゲームビジネスのシンクタンク「メ ディアクリエイト」がホームページ上で公表した。

ライバルである任天堂の携帯ゲーム機「3DS」は前週比31%増 となる48万2200台、ヴィータの前モデルである「プレイステーショ ン・ポータブル(PSP)」は同57%増の10万1121台だった。SC E広報担当者の福岡智氏はコメントを控えた。

ヴィータは有機EL画面の採用による高精細表示などが持ち味。 価格は無線LAN(域内通信網)モデルが2万4980円、第3世代携帯 の回線も併用可能な機種が2万9980円。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE