EUは債務危機「着実」に克服へ、共同債構想はまだ議題に-大統領

欧州連合(EU)のファンロンパ イ大統領は、域内各国政府が債務危機を「着実」に克服していくと述 べ、ユーロ圏共同債構想もまだ議題にあると指摘した。

ファンロンパイ大統領は30日にEU大使向けの演説で、12月8- 9日の首脳会議で「公的債務を相互的な形にする」可能性について問 うと語った。演説はEUの衛星テレビで中継放送された。

大統領はさらに、欧州の首脳が財政赤字のルールをさらに強化し 追加の自動制裁措置を設けることも検討すると説明。「短期的な行動と 長期的な改革」を呼び掛けた。また、真の通貨同盟にするためには全 加盟国が主権の一部を譲らざるを得なくなるとの認識も示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James G. Neuger at +32-2-285-4301 or jneuger@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE