ブラジル株:ボベスパ指数は上昇-主要中銀の流動性協調行動を好感

30日のブラジル株式市場では、 指標のボベスパ指数が上昇。主要国の中央銀行が流動性拡大を目指し て協調行動に出ることを決めたほか、ブラジル中央銀行が長期的に利 下げを実施する可能性があるとの観測が強まり、ここ1カ月の下げ幅 の一部を縮小した。

ブラジル石油公社(ペトロブラス)は3%高。原油先物相場の上 昇に加え、同国サントス海盆で「良質」の油層を発見したと発表し、 好感された。時価総額でブラジル2位の航空会社、ゴル・リニャス・ アエリアス・インテリジェンテスは7.1%上昇。内需関連株の上げを主 導した。

ボベスパ指数は前日比2.8%高の56874.98で終了。今月は2.5% 下げ、月間ベースでは過去8カ月のうち7カ月で下落している。通貨 レアルは2%高の1ドル=1.8085レアル。米連邦準備制度理事会(F RB)と世界の主要5中央銀行がドルスワップ協定によるドル資金供 給の金利引き下げで合意したほか、中国人民銀行(中央銀行)が市中 銀行に求める預金準備率の引き下げを決めたことを受け、商品と世界 の株式相場は上昇した。

証券会社オクト・インベスチメントスのアナリスト、フェルナン ド・ゴエス氏は「中国はブラジル経済の主要なエンジンの1つのため、 極めてプラスの効果がある」と述べた。

-- Editor: Marie-France Han

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Alexander Cuadros in Sao Paulo at +55-11-3017-4804 or acuadros@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Papadopoulos in New York at +1-212-617-5105 or papadopoulos@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE