ブラジル中銀:政策金利11%に引き下げ-景気鈍化で3会合連続

ブラジル中央銀行は30日の金融 政策委員会で、政策金利を11.5%から0.5ポイント引き下げ11%とす ることを決定した。利下げは3会合連続。世界的な景気減速で内需の落 ち込みが悪化する恐れがあることが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。