NY原油先物(30日):2週間ぶり高値、主要中銀が協調行動で

ニューヨーク原油先物相場は 4営業日続伸。2週間ぶりの高値となった。米連邦準備制度理事会 (FRB)など主要6中央銀行が流動性拡大と欧州債務危機の緩和を 目指し協調行動に出たことや、米民間部門の雇用者数が予想を上回っ たことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。