ドイツ銀、バークレイズなど欧州銀行株が急伸-中銀がドル資金で協調

30日の欧州株式市場でドイツ 銀行や英バークレイズなど銀行株が大幅高となった。世界の主要中央 銀行が協調し、緊急ドル資金供給の金利引き下げに動いたことを好感 した。中銀は深刻化する欧州ソブリン債危機に対応した。

ロンドン時間午後2時26分までに、バークレイズは一時9.4% 高となり、ドイツ銀も5.2%高を付けた。フランスのBNPパリバと クレディ・アグリコルも上昇。46銘柄で構成するブルームバーグ欧 州銀行金融サービス指数も5%近く上げた。

欧州の銀行は、債務危機からの影響への懸念を背景にドル資金調 達コストの上昇に見舞われ、BNPやソシエテ・ジェネラルはドル建 て融資の縮小を迫られた。

スイスカントで資産運用に携わるペーター・ブレンドル氏はこの 日の発表について、「中銀が厳しい状況を認識し、協調して行動する 用意があることを示した」とし、「市場はこれが素晴らしい考えだと 思った。ただ、楽観がいつまで続くかは疑問だ」と話した。

欧州の銀行のドル建て資金調達コストはこの日先に、2008年 10月以来の高水準となり、銀行間の貸し渋りの指標となる欧州銀行 間取引金利(EURIBOR)とオーバーナイト・インデックス・ス ワップ(OIS=翌日物無担保コールレートと固定金利を交換する金 利)の格差(EURIBOR・OISスプレッド)も2009年3月以 来で最大となっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE