リッチモンド連銀総裁:FOMCのスワップ期限の延長決定に反対

リッチモンド連銀のラッカー 総裁は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が決定した各国中銀と のドルスワップ協定の2013年までの期限延長に反対票を投じた。

連邦準備制度理事会(FRB)のミシェル・スミス報道官は電 子メールで、28日に行われたFOMCのビデオ会議に出席できなか ったフィラデルフィア連銀のプロッサー総裁に代わり、ラッカー総裁 が投票したことを明らかにした。結果は9対1の賛成多数だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE