中国の預金準備率引き下げ、成長減速が悪化との政府の懸念の表れか

中国人民銀行(中央銀行)は 11月30日、2008年以来で初めての預金準備率引き下げを発表し た。中国経済の成長減速がさらに悪化することへの政府の懸念の表れ ともみられる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。