米中古住宅販売成約指数:10月は10.4%上昇、4カ月ぶりプラス

10月の米中古住宅の販売成 約指数は予想以上に増加した。販売価格や借り入れ金利の低下が寄 与した。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した10月の中古住宅販 売成約指数(季節調整後)は、前月比10.4%上昇した。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト調査の予想中央値は2%上昇だった。 同指数は9月まで3カ月連続でマイナスを記録していた。

全米4地域のうち3地域で成約指数が上昇。西部は0.3%の低 下だった。

NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏は発表文で、 「金利が過去最低で推移する中で、住宅販売は標準以下の水準が続 いている」と指摘した上で、「通常ならここ数年内に住宅市場に参 入したと想定される購入者からの累積需要はある」と続けた。

クしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE