日銀など6中銀が協調策-白川総裁「緊張度高めていることに対応」

日本銀行は11月30日夜、金融 政策決定会合を開き、米欧など5カ国の中央銀行との間で米ドル資金 供給などの協調対応策を取ることを決定した。白川方明総裁は会合後 の会見で「欧州の政府債務問題を背景に国際金融市場が緊張度を高め ていることに対応した」と述べた上で、「各国中央銀行が協調して行 動することで市場の安心感につながる」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。