欧州債:ドイツ債上昇、1年物証券利回りはゼロ下回る-質への逃避

30日の欧州債市場でドイツ1 年物証券が上昇し、利回りが初めてゼロを下回った。欧州中央銀行 (ECB)が景気支援と危機対策を強化するとの観測が広がった。

ドイツ2年債利回りは過去最低を記録した。ECBなど日米欧の 6中銀が金融市場の緊張緩和を目的に緊急ドル資金供給の金利を引き 下げた。欧州銀行間取引金利(EURIBOR)先物が上昇し、利下 げ観測が強まったことを示唆した。ベルギーとイタリアの国債も堅調 だった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) の債券ストラテジスト、ハービンダー・シャン氏は、独1年物証券利 回りのマイナス金利は「ドイツ債を保有して安全を買うためなら損失 もいとわない」投資家の姿勢を示していると説明。「ユーロ圏には安 全な証券が極めて少ない事実を映し出すもので、それが現状だ。EC Bは金利を過去最低まで引き下げるだろう」と述べた。

ロンドン時間午後4時15分現在、独1年物証券の利回りは前日 比9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下しマイナス

0.01%となった。一時はマイナス0.07%まで下げた。マイナス金 利はブルームバーグがデータ集計を開始した1995年以降で初めて。 同証券(表面利率1%、2012年12月償還)価格は0.09上げ

101.035となった。

独2年債利回りは一時、前日比16bp低下し、過去最低となる

0.277%を付けた。今月は21bp下げている。

短期債需要の高まりを背景に、2年債と10年債の利回り格差 (スプレッド)は196bpに拡大し、1月以降の最大となった。

主要中銀は同時に銀行向けに流動性を供給しており、短期債の魅 力を高めている。米連邦準備制度理事会(FRB)などはこの日、世 界的な協調行動の一環として欧州の銀行向けの緊急ドル資金供給の金 利引下げを発表した。

ウェストLBの債券ストラテジスト、ジョン・デービス氏(ロン ドン在勤)は、ドイツ債上昇の2つの要因について「1つは債務危機 で、もう1つはECB政策が理由だ」と語った。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は29日、ECBと国 際通貨基金(IMF)に危機対応でより大きな役割を求める方向性を 示した。ドイツは12月9日の欧州首脳会議で財政規則強化に向けた 条約変更を推進する考えだ。規律強化が実現すればECBがIMFを 通じてユーロ圏諸国に資金を貸し付ける案が実現しやすくなる公算だ と、事情に詳しい当局者2人が同日述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE