欧州株:大幅続伸、主要中銀のドルスワップ協定の金利引き下げを好感

30日の欧州株式相場は大幅続 伸。4日間の上げとしては2008年11月以降で最大となった。米連 邦準備制度理事会(FRB)と5カ国の中央銀行がドル資金調達コス トの引き下げで協調したほか、中国人民銀行による同国内銀行の預金 準備率の引き下げ実施が好感された。

英バークレイズとドイツ銀行は大幅高。世界最大の鉱山会社BH Pビリトンを中心に商品株が上昇した。英石油大手のBPは2カ月ぶ りの上昇幅となった。

ストックス欧州600指数は前日比3.6%高の240.08で終了。 同指数は過去4日間で9.1%上昇。米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)によるHSBCやUBSなど世界の大手銀行 の格下げを受け、この日の指数は一時1.1%下げる場面も見られた。

ノルデア銀行のシニアストラテジスト、ヘンリク・ドゥルセビエ リ氏(コペンハーゲン在勤)は「各国中銀が協調した動きを見せてい る」と指摘。「この日は中国にも動きが見られた。さらに欧州の次回 会合で政治家が問題への対処で後手に回るのではなく、先手を取れる 場になるとの希望もある」と述べた。

FRBとカナダ銀行、イングランド銀行(英中銀)、日本銀行、 欧州中央銀行(ECB)、スイス国立銀行(SNB)は、ドルスワッ プ協定によるドル資金供給の金利を50ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)引き下げることで合意。協定の期間を2013年2月 1日まで延長することも決めた。

欧州銀行株指数は4.4%高。一時、S&Pによる格下げ発表を受 けて下落したが、その後に大幅反発した。バークレイズは6.7%高、 ドイツ銀行も6.2%上昇したほか、英銀ロイズ・バンキング・グルー プが7.1%高と急伸した。BHPは6.2%高。BPは5%高で取引 を終えた。

この日の西欧市場では、アイスランドを除く全ての国で主要株価 指数が上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE