中国:預金準備率引き下げ、08年以来で初-欧州危機が成長に暗雲

中国人民銀行(中央銀行)は、 市中銀行に求める預金準備率の引き下げを決めた。欧州債務危機が輸 出と成長を脅かす中で、2008年以来で初めての引き下げに踏み切っ た。

中銀が30日ウェブサイトに掲載した声明によると、準備率は 12月5日から50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き 下げられる。

引き下げにより大手銀の準備率は21%と、過去最高21.5%か ら下がる。UBSはこれが中国の金融システムの流動性を3500億元 (約4兆3000億円)押し上げる見込みだと試算した。世界の経済成 長に最大の貢献をする中国での融資拡大は、欧州債務危機で落ち込ん だ信頼感を回復させる可能性がある。

HSBCホールディングスのエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤) は、中国は「金融緩和の出発点にある」と述べた上で、「積極的な」 行動が正当化されるとして、政策金利はインフレ率が3%未満に下が るまで据え置かれるものの、一段の預金準備率引き下げの公算がある との見方を示した。

中国の準備率引き下げ発表の2時間後には米連邦準備制度理事会 (FRB)が欧州中央銀行(ECB)など世界の中銀とのスワップ協 定に基づくドル資金の金利引き下げを発表した。みずほセキュリティ ーズアジアは、中国中銀の発表のタイミングは世界の中銀の行動と関 連しているかもしれないが、「中国は国内的な事情から行動を迫られ ていた」と指摘した。

中国の温家宝首相は先月、不動産市場抑制を継続しながら成長を 持続させるため必要に応じて経済政策を微調整すると述べていた。

--Li Yanping, with assistance from Liza Lin in Shanghai and Victoria Ruan and Zheng Lifei in Beijing. Editors:Paul Panckhurst, Ben Richardson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst in Hong Kong at +852-2977-6603 ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE