政府:新規国債発行は復興債除き約44兆円を上回らないものへ

古川元久 経済財政兼国家戦略担当 相は30日、国家戦略会議で来年度予算編成の基本方針に向けた考え方を 示した。会議後のブリーフィングで記者に配布された資料によると、 「新規国債発行額は復興債を除き約44兆円を上回らないものとするよ う、全力を挙げる」として、財政健全化を進める姿勢を示した。

次回の国家戦略会議で骨子案を議論し、そこで決まったことを予算 編成に関する閣僚委員会で提案したい、と古川経財相は語った。この日 の戦略会議では、年末に野田内閣が取りまとめる日本再生の基本戦略の 案が示された。今後2年程度続く復興特需をチャンスととらえ、「復興 特需から民需主導の経済成長の実現を目指す」とした。日銀とデフレ脱 却、円高動向に注視し、欧州債務危機と国際金融市場の不安定化につい て「政府は警戒感を日本銀行と共有し、緊密に連携する」としている。

日本再生の基本戦略には、社会インフラをアジアなどの新興国に展 開していくことが盛り込まれて、タイの洪水対策への支援も議論され た。首相官邸での会議終了前、野田佳彦首相は「我が国がそうした取り 組みを主導していくことが、国際社会の平和と繁栄に資するとともに、 日本のプレゼンスを強化することにもつながると思う。さらに日本の強 みを生かしていくということで、日本の成長にもつながるものと考えて いる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE