イタリア債が下落、スペインも反落-IMF役割拡大にさらに作業必要

30日朝の欧州債市場で、イタリア 国債は下落。5年債利回りがユーロ導入後の最高に近づいた。域内債 務危機解決への取り組みが十分ではないとの懸念が根強い。

スペイン10年債も3日ぶりに反落。ユーロ圏財務相会合は、危 機対応での国際通貨基金(IMF)の役割拡大に向けさらに作業が必 要との認識を示した。

ロンドン時間午前9時13分(日本時間午後6時13分)現在、イ タリア5年債利回りは8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇の7.75%。ユーロ導入後の最高は7.85%。10年債利回りも7b p上昇し7.31%。スペイン10年債利回りは8bp上昇して6.47%。

-Editors: Mark McCord , Nicholas Reynolds

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net   Editor:Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Dobson in London at +44-20-7673-2041 or pdobson2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Tilles in London at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE