タイ中銀:2年余りで初の利下げ-洪水被害を考慮(1)

タイ中央銀行は30日、2年 余りで初の利下げに踏み切った。タイが約70年間で最悪の洪水被害 に見舞われたことから、今年の国内成長率見通しも下方修正した。

同中銀が30日発表した声明によれば、政策金利である1日物 レポ金利は0.25ポイント引き下げられ3.25%となった。ブルーム バーグがエコノミスト17人を対象にまとめた調査では、9人がこの 利下げ幅を予想、残りが0.5ポイント利下げを見込んでいた。

タイ中銀はまた、2011年の国内総生産(GDP)が前年比

1.8%増になるとの見通しを示した。これまでの2.6%成長予想を引 き下げた。

同中銀はこの日、洪水被害からの復旧・復興が難航するようで あれば、追加緩和を実施する可能性があると表明。12年の成長率見 通しについては4.8%と、これまでの4.1%予想から引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE