11月の中国インフレ率は4.4%へ、政策転換の公算小さい-申銀万国証

中国の11月のインフレ率は

4.4%に低下する見通しだが、今年の政府目標である4%をなお上回 っているため、当局が経済政策を転換する公算は小さいとの見方を申 銀万国証券が示している。

同社のメン・シャンジャン、リ・フイヨン両アナリストは30日 のリポートで、11月の中国の工業生産は前年同月比12.5%増と、前 月の13.2%増から伸びが鈍化すると予想。11月の輸出は前年同月比

7.7%増で、前月の15.9%増から減速するとみている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Bloomberg News in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Richard Frost at +852-2977-6607 or rfrost4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE