裁定買い残は4週連続減、834億円減の1兆74億円-東証25日時点

東京証券取引所が30日に発表し た前週末25日時点のプログラム売買にかかわる現物株式の売買状況 によると、裁定取引に関連した現物株買いのポジションは当月限、翌 月限以降の合計で前の週に比べ834億円減の1兆74億円となった。減 少は4週連続。

11月4週(21-25日)の日経平均株価は、週間で2.6%安の8160 円1銭と4週連続で下げ、一時8135円と年初来安値を更新した。欧州 債務危機問題がイタリアなど高債務国群からハンガリーなど東欧に波 及。国債入札の不調をきっかけにドイツにまで市場参加者の不安が飛 び火し、株式相場の調整色が強まる中で、裁定解消の動きが見られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE