アジア株:3日ぶり下落、S&Pによる銀行格下げ響く-HSBC安い

30日のアジア株式相場は3営業 日ぶりの下落。米格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) がバンク・オブ・アメリカ(BOA)やゴールドマン・サックス・グ ループなど金融機関の格付けを引き下げたことが響いている。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時1分現在、前日比

0.4%安。米S&P500種株価指数先物は0.6%下げている。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) のアンソニー・クレセンツィ執行副社長はブルームバーグテレビジョ ンとのインタビューで、「主要行がプレッシャーを受けている。欧州 での資金調達問題を背景に、それが世界中で起きつつある」と語った。

英銀HSBCホールディングスは香港市場で1.6%安。S&Pは 同行の格付けを「AA-」から「A+」に引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE