シュタルクECB理事:ユーロ圏は債務危機脱出で賃下げ容認必要

欧州中央銀行(ECB)のシュ タルク理事は29日、ユーロ圏が債務危機を脱する唯一の方法は各国 政府が財政赤字を削減し、賃金引き下げや他の構造改革を受け入れる ことだとの見解を明らかにした。

同理事はダラス連銀主催の会合での講演後に、「残された唯一の 手段は賃金や給与、コストの相対価格の調整だ」と指摘。「ECBに は政府を支援する力はない」は言明した。

ECBは最後の貸し手としての役割を求められているが、政府の 無責任な歳出を支えることはその権能の面からできないとして、こう した要求に抵抗している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE