シュタルクECB理事:ユーロ圏は債務危機脱出で賃下げ容認必要

欧州中央銀行(ECB)のシュ タルク理事は29日、ユーロ圏が債務危機を脱する唯一の方法は各国 政府が財政赤字を削減し、賃金引き下げや他の構造改革を受け入れる ことだとの見解を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。