スズキ:負けると思って相撲をとる人いない-独VW問題の仲裁で

独フォルクスワーゲン(VW)に 保有株の返還を求めているスズキの鈴木修会長兼社長は30日、国際仲 裁裁判所の仲裁手続きを開始したことについて「負けると思って相撲 をとるやつはいない」と述べ、勝算はあるとの見通しを示した。東京 モーターショー会場で記者団に語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。