仏格下げ確率来年5割、早ければ1-3月-英ASRのバウワーズ氏

英ロンドンに本拠を置く独立系の マクロリサーチ会社、アブソルート・ストラテジー・リサーチ(AS R)では、2012年に欧州がリセッション(景気後退)に陥ることは確 実で、その影響からフランスの国債が格下げされる可能性は50%と見 ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。