シュタルクECB理事:国債購入の不胎化失敗を「懸念していない」

欧州中央銀行(ECB)のシュタ ルク理事は、ECBの国債購入で生じた追加的な流動性を29日のオペ で完全には吸収できなかったことについて、懸念していないと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。