欧州は「信用危機」再燃の恐れ、拡大阻止する手段欠く-リイカネン氏

【記者:Kati Pohjanpalo】

11月30日(ブルームバーグ):欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、フィンランド銀行(中央銀行)のリイカネン総裁 は、欧州は債務危機の拡大を阻止する手段を欠いており、新たな信 用危機に陥るリスクがあると警告した。

リイカネン総裁は30日付のフィンランド紙カウパッレティと のインタビューで、「ソブリン債危機に歯止めがかからなければ、銀 行間の悪循環が再び始まるだろう。深刻な金融危機は通常、こうし た段階に至る経過をたどる」と発言した。

さらにユーロ圏共同債について、導入を阻む「多くの大きな障 害」が存在し、危機の解決に役立つほど早期に実現するのは困難だ と指摘。ユーロ圏から失われる部分はないのかとの質問には「その 通りだ」と答える一方、「非常に困難な状況」を生きているとの見解 を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE