復興財源確保法が参院本会議で可決、成立

東日本大震災からの復興経費に充て る復興債の償還財源を賄うため、所得税などを臨時に引き上げる復興財 源確保法案が30日の参院本会議で、民主党、自民、公明各党などの賛成 多数で可決、成立した。これにより、所得税は2013年1月から25年間、 基準所得税額(本来の納税額)の2.1%分が上乗せされる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。