富士重社長:2012年の米国販売は30万台へ-今年は26万台見込み

富士重工業の2012年の米国販売は30 万台と11年見込みの26万台から増える見通しだ。米国生産が順調なのに 加え、今年秋に投入した新型インプレッサの効果が寄与する。吉永泰之 社長が30日、東京モーターショー会場で行ったインタビューで明らかに した。

吉永社長によると、富士重の米国生産は震災後も好調で、1-10月 は前年同期比0.1%減の13万524台と前年並みの水準を維持した。今年度 下期(11年10月-12年3月)は前年同期比3割増になるとみている。今 年度の販売は米国が前年度並み、中国は微増の5万8000台を見込んでい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE