富士重社長:待っている状態-中国で申請中の合弁生産会社設立認可

富士重工業の吉永泰之社長は30日、 東京モーターショー会場でブルームバーグに対し、中国で申請している 合弁生産会社設立の認可について、「まだじたばたする状態ではない。 待っている状態だ」と語った。その上で、同社の中国進出について「当 社はそれほど規模の大きい会社ではないが、中国で年間6万台買ってい ただいている」と述べ、中国市場にとってもプラスになるとの見方を示 した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。