ミネアポリス連銀総裁:12年に緩和政策の解除開始必要となる公算

ミネアポリス連銀のコチャラコ タ総裁は29日、失業が減少し、物価が安定しているという米連邦準 備制度理事会(FRB)の予想が的中している場合、政策当局者が 2012年に緩和政策の解除を開始する必要があるとの見解を明らかに した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。