シュタルクECB理事:中銀は独立性守り、物価安定に集中する必要

欧州中央銀行(ECB)のシュタ ルク理事は、各中銀は独立性を守って物価安定に集中し続けるべきだ との見解を示し、そうしなければ放漫財政の政府に支配される恐れが あると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。