日本株反落、欧米や中国警戒で輸出安い-格付け懸念し金融、海運も

東京株式相場は反落。欧米の景気 や金融システムに対する不透明感が続く中、中国株の急落も警戒され、 電機や機械といった輸出関連、ガラス・土石製品など素材関連株が売 られた。米格付け会社が格付け見通しを引き下げた三井住友フィナン シャルグループなど金融株の一角、同様に格下げ方向で見直しの対象 とされた日本郵船を中心に海運株も安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。