ゴールドマンとみずほ出身者の「エッジベル」マクロ戦略の助言開始へ

独立系助言会社のエッジベルキャピ タルは来年2月にも、為替、金利、株など高い流動性の資産で運用する ファンドの投資助言を開始する。当初資金は国内投資家から、最低20 億円程度を見込んでおり、将来は海外投資家の資金も運用対象とする。 鯉淵将最高投資責任者(CIO、41)らが29日明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。