日銀:10月の貸出約定平均金利、1.194%と2年4か月ぶりの大幅拡大

日本銀行が30日発表した10月新規 の貸出約定平均金利は1.194%と前年同月に比べ0.145ポイント拡大し た。2009年6月以来、2年4カ月ぶりの拡大幅となる。欧州債務問題を 背景に流動性不安が高まっていることに加え、震災復興や電力会社向け に資金需要が回復してきたことに反応したとみられる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。