S&P:三井住友FGとみずほFGの格付け見通し下げ-MUFG維持

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は三井住友フィナンシャルグループとみずほフ ィナンシャルグループの格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げたと 発表した。日本の国債の格下げを反映している。

同社は三菱UFJフィナンシャル・グループについては格付け見通 しを据え置いた。同社は日本での金融システム上高い重要性があり、緊 急時に政府支援を受ける可能性が強いとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE