イラン群衆の大使館襲撃、「深刻な結果招く」と英国が警告

イランの首都テヘランで29日、 制裁に反発する群衆が英大使館を襲撃。「英国に死を」と叫び、同国国 旗を燃やした。米英は約1週間前、イランの核計画を理由に同国への 追加制裁を発表した。

AP通信によれば、襲撃は警察が群衆を排除するまで2時間近 く続いた。イラン国営メヘル通信はテヘラン警察署長の話を引用し、 拘束者は司法当局に送られると伝えた。

キャメロン英首相は襲撃について「非道で弁解の余地がない」と の声明を発表。「イラン政府は、わが国の職員を守れなかったことで深 刻な結果を招くことを認識しなければならない」と主張した。英大使 館全職員の安否は把握できているとしている。

これより先、ヘイグ英外相は、イランのサレヒ外相に「最大級の 強い言葉で抗議」をし、大使館職員の「安全確保に向けて緊急措置を 取るよう要求した」と説明した。サレヒ外相は襲撃について遺憾の意 を示したという。

オバマ米大統領は大統領執務室で記者団に対し、「イラン政府が国 際的な責務を深刻に捉えていないことの表れだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE