米アトランタ連銀総裁:追加資産購入が必要な深刻な状況に近くはない

米アトランタ連銀のロックハート 総裁は米経済について、連邦準備制度理事会(FRB)による追加資 産購入の必要性をもたらすような「深刻な状況」に近くはないとの認 識を明らかにした。

ロックハート総裁は29日にアトランタで講演後に記者団に対し、 債券購入を正当化し得る状況として、失業率の上昇やリセッション (景気後退)の始まり、デフレの可能性などがあると語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 or kshugo@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事についての記者への問い合わせ先: Steve Matthews in Atlanta at +1-404-507-1310 or smatthews@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Scott Lanman at +1-202-624-1934 or slanman@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE