アトランタ連銀総裁:追加資産購入に懐疑的、「選択肢には残す」

アトランタ連銀のロックハー ト総裁は、連邦準備制度による証券購入の拡大は現状では、米経済に 十分な押し上げ効果をもたらす公算は低いものの、今後の景気動向次 第では「適切な措置」になる可能性があるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。