ハンガリー中銀:1月以来の利上げ-通貨防衛で政策金利6.5%に

ハンガリー中央銀行は29日、 1月以来の利上げに踏み切った。同国の政策金利は欧州連合(EU) 加盟国で最も高い水準となった。米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスが同国の格付けを投資不適格級に先週引き下げて おり、これによる影響から通貨フォリントを守る狙いがある。

ハンガリー中銀は政策金利の2週間物預金金利を6.5%とし、 これまでの6%から引き上げた。ブルームバーグがまとめたエコノミ スト25人を対象にした調査では、14人がこの利上げを予想してい た。5人は6.25%、1人が7%に引き上げられると予測。残る5人 は据え置きを見込んでいた。

ムーディーズは25日、ハンガリーの格付けを投資不適格級に引 き下げた。フォリントは今月、対ユーロで最安値を更新している。ハ ンガリー国債の利回りは9%を超えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE