アメリカン航空の親会社AMRが破産法適用申請-労使合意できず

アメリカン航空の親会社A MRは29日、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を 申請した。経費削減のための労使合意に達することができなかっ たことに加え、航空業界再編の波に乗り遅れアメリカンは世界最 大の航空会社から米3位に後退していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。