香港株(終了):続伸、欧州危機収束へ期待高まる-HSBCが高い

香港株式相場は続伸。欧州首脳が 域内のソブリン債危機収束に向けた取り組みを強化するとの見方が強 まった。

29日のユーロ圏財務相会合を前に時価総額で欧州最大の銀行、英 HSBCホールディングス(5 HK)は2.7%高。婦人靴販売の百麗国 際(1880 HK)は8.8%上昇した。バークレイズ銀行が百麗国際株の投 資判断を「オーバーウエート」に引き上げたことが好感された。

コンテナ施設を運営する中遠太平洋(コスコ・パシフィック、 1199HK)や香港のキャセイ航空(293 HK)も高い。

一方、損害保険会社の中国人民財産保険(PICC、2328 HK)は

2.5%安。株主割当増資の発表が嫌気された。

エドモンド・ド・ロスチャイルド・アセット・マネジメントのシ ニアポートフォリオマネジャー、デービッド・ゴード氏(香港在勤) はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「欧州で事態が動 きつつある」と述べた上で、「当社はアジア株を購入している。市場の バリュエーション(株価評価)を見ると、既に多くが株価に織り込ま れた」と語った。

ハンセン指数は前日比218.39ポイント(1.2%)高の18256.20 と、18日以来の高値で終了。騰落銘柄比率は下落1に対し上昇が約5。 ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.1%高の9714.09で引け た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE