中国の太陽光発電メーカー:米国のダンピング調査は消費者にマイナス

中国の太陽光発電関連メーカ ーでつくる団体は29日、米国で出された中国からの輸入製品に対す る反ダンピング(不当廉売)課税の申し立ては消費者にとってマイナ スになるとの認識を示した。

同団体は声明で、米ソーラー業界は中国が輸出する関連製品の恩 恵にあずかっていると指摘し、米商務省による調査はこの環境を損ね ると表明した。

ドイツのボンに本社を置くソーラーワールドの米子会社など7社 は、中国メーカーが国有銀行の低金利融資を受け不当に安く製品を輸 出しているとして、反ダンピング関税を課すようオバマ政権に求めて いる。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦 Fumihiko Kasahara +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Forsythe in Beijing at +86-10-6649-7580 mforsythe@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nicholas Wadhams at +86-10-6649-7574 or nwadhams@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE