今日の国内市況:株式が続伸、債券先物は6日続落-ドルと円が下落

東京株式相場は続伸し、日経平均 株価は終値で約2カ月ぶりの上昇率を記録した。為替の円安基調や原 油など国際商品市況の上昇が好感され、電機や自動車といった輸出関 連、商社など資源関連株が高い。直近の下げが大きかった海運、鉄鋼 株にも見直し買いが入り、相対的に景気敏感業種の強さが目立った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。