信用買い残は小幅増、売り残は98年来の5000億円割れ-18日時点

東京証券取引所が29日に発表し た前週末25日時点の信用買い残(制度信用と一般信用の合計)は東京、 大阪、名古屋3市場の1・2部合計で、前の週に比べ42億円増の1兆 4337億円となり、小幅ながら2週連続で増加した。一方、信用売り残 は344億円減の4912億円と2週ぶりに減り、1998年10月以来、約13 年ぶりの5000億円割れとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。