英銀ロイズ、PE資産520億円相当の売却を検討-関係者

英政府が出資する銀行としては英 2位のロイズ・バンキング・グループは、プライベートエクイティ(P E)資産5億ユーロ(約520億円)相当の売却を検討している。事情 に詳しい3人の関係者が明らかにした。

関係者のうち2人が売却プロセスは非公開だとして匿名を条件に 述べたところによれば、売却対象となるポートフォリオは大半が欧州 の企業買収ファンドへのコミットメントで、同行の子会社が取り組ん できたものだという。

英政府が41%所有するロイズは、米シティグループや英バークレ イズ、英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループなどに 続き、レバレッジド・バイアウト(LBO、買収先の資産などを担保 とする資金借り入れによる買収)ファンドの持ち分売却を目指す。当 局が銀行各行に高リスク資産に対し資本を積み増すよう求めているこ とが背景だ。

ロイズの広報担当(ロンドン在勤)、エド・ペッター氏は、コメン トを控えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE