サッカーのヘディング:脳損傷につながる恐れ、記憶力に影響も-調査

サッカーで得点を狙ったりパス したりする際のヘディングを成人のアマチュア選手が長期にわたって行 うと、記憶力に影響を及ぼし得る脳損傷につながる可能性のあることが 研究者らの調査で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。